ガス化 の検索結果:

最近注目のBio-Coal(バイオ石炭)製造装置(HTC)の概要紹介です!!!

…或いは2)バイオマスガス化+ガスエンジン発電等が代表的です。いずれの技術も、乾燥した固体バイオマスを原料としています。 通常、水分の多いバイオマス原料、例えば、水分を含む木質チップ、PKS/EFB(Empty Fruit Bunch)、鶏糞/牛糞、農業廃棄物(例、バガス、スラッジ)等の多くは乾燥前処理が前提・不可欠です(脱水・乾燥設備、及び乾燥費が必要)。 尚、水分の特に多い原料(例、スラッジ、食品残差、家畜の糞等)は、これらの何れも直接は使えません。多くの場合、諦めてメタン…

全廃棄物(炭化水素を含む),全バイオマスは、超高温ガス化発電可能です!!

今回は、最新超高温ガス化装置の概要紹介です。 超高温での熱分解ですので、ご紹介のガス化装置は当然Tar-Free(No-Tar) の合成ガス(SynGas)が製造できます。従って、タール留分の除去は必要ありません!! 原料は通常の各種バイオマス類の他、各種農林魚業残差に加え、各種産業(廃プラ、灰タイヤ類、他)、及び一般家庭用廃棄物等、炭素(C)・水素(H)を含んだ全原料をガス化処理できると言われるガス化製品の優れものです。 他に、この様な製品は恐らく存在しないのでは??と思い…

廃プラ油化ビジネスが現在大注目です!!??

…も紹介されています。ガス化装置で提携先のイタリアINSER社の製品を紹介しています。必要なら、更に水素添加を行えば、軽油と同等な高品質の燃料油も製造できます。 http://www.biofuels.co.jp/page4.html 2)更に、廃プラ油化装置は過去(4年前)にも、下記の本Blogで紹介済みです。 https://joeh.hatenablog.com/entry/18671009 勿論、廃プラ油化装置は国内製品もあります。しかし、。。 多くは小型(~2トン/日…

最適なガス化発電装置が選択できます!!

今回は、簡単に最適なガス化発電装置の候補が選択できる早見表を準備しました。取りあえず候補機種を見つけて、その後、更に詳細を確認しましょう ! ガス化装置の候補機種は、取扱中の6機種の候補装置があります。 1)INSER(https://joeh.hatenablog.com/entry/2052516) 2)A-Tec (https://joeh.hatenablog.com/entry/22506321) 3)FPT (https://joeh.hatenablog.com…

(超)高効率のバイオマスガス化装置(10MW)の新たな実例紹介(2)です!!

…)高効率のバイオマスガス化発電装置の続編(10MW版)製品の紹介記事です。 同じタイトル(750KW版)のガス化発電は下記を参照下さい。 https://joeh.hatenablog.com/entry/22506321 日々の情報探索・研究(Info. Search & Research)と接触( Contact)をしていると、この分野で開発中の最新技術、或いは商業化された優れたガス化製品が、既に取り扱い中(INSER,FPT,UG,LiPRO,APL)の5タイプガス化発…

(超)高効率のバイオマスガス化装置(750KW)の新たな実例紹介(1)です!!

…)高効率のバイオマスガス化発電装置の例の概要紹介です。 日々の情報探索・研究(Info. Search & Research)と接触( Contact)をしていると、この分野で開発中の最新技術、或いは商業化された優れたガス化製品が、既に取り扱い中(INSER,FPT,UG,LiPRO,APL)の5タイプガス化発電装置(http://www.biofuels.co.jp/page2.html )に加え、未だ国内販売店も、紹介もされていない優れたガス化発電装置は数多くあります。そ…

最近注目のBio-Coal(バイオコール)製造装置(ダイジェスト版)です!!!

…或いは2)バイオマスガス化+ガスエンジン発電等が代表的です。いずれの技術も、乾燥した固体バイオマスを原料としています。 通常、水分の多いバイオマス原料、例えば、水分を含む木質チップ、PKS/EFB(Empty Fruit Bunch)、鶏糞/牛糞、農業廃棄物(例、バガス、スラッジ)等の多くは乾燥前処理が前提・不可欠です(脱水・乾燥設備、及び乾燥費が必要)。 尚、水分の特に多い原料(例、スラッジ、食品残差、家畜の糞等)は、これらの何れも直接は使えません。多くの場合、諦めてメタン…

LiPROガス化発電装置専用の新統合型乾燥機の紹介です!!

処でLiPROガス化発電装置の最大のセールスポイント何でしょうか ?? 1)大型ガス化でも稀な高効率多段ガス化法を小型機で最初に採用し、タール発生無し(Tar-Free/NO-Tar)、タール処理不要(NO-Tar Cleaning )です!! 2)水分45~50%迄のチップ(Direct Wet-Chip Charge)、他が直接使えます(別途乾燥機&原料供給ホッパー必要)! 3)小型では珍しい屋外設置が可能です(建屋費、配管費等の附帯設備工事費も不要)! 。。。と言う話題…

中小型ガス化発電装置の選定基準は何でしょうか??!!

…も数多くのバイオマスガス化発電装置が登場しています。特に中小型ガス化発電装置の選定について、どの様な項目を、どの様な評価基準で皆様選定されていますか?? 今回は、先ずは機種選定に際して考慮すべき項目の選定・その項目の概略説明をしたいと思います。 現在国内で販売されているガス化発電装置は、殆ど下記に掲載されています。 但し、やや大規模の中型ガス化発電機も、バイナリー発電(ORC)や蒸気タービンも一部含まれています。 https://www.jwba.or.jp/データベース/一…

バイオマス・ガス化発電に於ける原料選択とその採算性について!!!!

…を参照下さい。 3)ガス化発電設備(原料対応、多様性)、更には 4)設備設置場所(土地)と運営体制(要員、経験・運転)、加えて 5)採算性(継続性) 等、少なくとも全て必要項目です。 そこで、今回は、5)採算性を維持・実現する為の2)原料選択、及びこれらを実現する3)設備の重要性と選択等について考察をします。 先ず、バイオマス由来の売電ビジネスでは、大きく2つの方法があります。 1.液体(バイオ油〉燃料を使うディーゼル発電方式 もっとも代表的な液体燃料は植物油であり、大規模の…

LiPROガス化発電装置の日本への出荷風景です!!

…国内導入のLiPROガス化装置(HKW50,50KW)の出荷風景の写真紹介です。 尚、輸入前の機能確認テストの為、開発元ドイツLiPRO社を訪問し仕様確認作業・稼働確認作業等を実施したガス化装置の状況確認報告は下記のBlog記事を参照下さい。 https://joeh.hatenablog.com/entry/21715736 また、LiPRO製品の詳しい紹介記事は、本Blogの下記、他にありますので、ご参照下さい。 https://joeh.hatenablog.com/e…

<<中止>>バイオマスセミナー開催のご案内です!!

…ml (バイオマス・ガス化発電) http://www.biofuels.co.jp/page3.html (バイオ油・SVO発電) 発電以外に、関連トピックスもあります。 http://www.biofuels.co.jp/page4.html (バイオ油製造) http://www.biofuels.co.jp/page5.html (バイオマス原料) 以上です。宜しくお願いします。 では、また。。。。。 Joe.H 追伸) 上記Blog記事は、一般公開情報です。 何かご…

バイオマス原料の自家栽培なら、先ずはこのH.P.を参照下さい!!

…あれば、バイオマス・ガス化発電でも、バイオ油(SVO)発電でも、自由に、何の制限もなく、計画・実現できます。原料の安定確保が最優先課題です。 固体バイオマス原料、バイオ油原料の自家栽培、プランテーション化等にに興味があれば、本Blogでも数々紹介・解説してますが、先ず本Blogの姉妹H.P.の下記を参照下さい。 http://www.biofuels.co.jp/page5.html バイオマス原料、バイオ油原料 の情報を掲載します。 特にお薦めはジャイアント・ミスカンサス(…

バイオ油製造関連なら、先ずはこのH.P.を参照下さい!!

…す。バイオマス原料のガス化発電方式に加え、ディーゼル発電機と組み合わせバイオマス液化発電も可能です。 更に、バイオ・バイオマス分野からは多少外れますが、類似技術である廃プラ類の触媒熱分解・液化法も技術見直しを最近しています。 尚、ご質問や確認事項があれば、下記にお願いします。 http://www.biofuels.co.jp/page7.html 或いは、別途各種コンサルティング(ご相談)をご希望なら、下記を参照下さい。 http://www.biofuels.co.jp/…

小型から大型迄、ガス化発電のことなら、先ずはこのH.P.を参照下さい!!

…使いバイオマス発電、ガス化発電、FIT発電等に興味があれば、本Blogでも数々紹介・解説してますが、先ず本Blogの姉妹H.P.の下記を参照下さい。 http://www.biofuels.co.jp/page2.html 各種バイオマス発電・ガス化発電装置の情報を掲載します。 取り扱い機種の豊富さ、小規模から大規模装置迄の広いカバレージ、そして高機能・高性能・高発電(高冷ガス化)効率、高CHP(高排熱回収)効率の製品群をご提供中です。 ガス化装置に併せ、ご要望により最適な各…

LiPROガス化装置の機能確認テスト状況の紹介記事です!!

…国内導入のLiPROガス化装置(HKW50,50KW)の輸入前の機能確認テストの為、国内総代理店として開発元ドイツLiPRO社(http://lipro-energy.de/en/ http://lipro-energy.de/jp/日本人パートナー/) に8月10日より昨日8月17日まで訪問し仕様確認作業・稼働確認作業等を実施してきました!! 本Blog記事は主に写真によるガス化装置の状況確認報告です。 尚、LiPRO製品の詳しい紹介記事は、本Blogの下記、他にありますの…

今回、バイオ燃料関連のホーム・ページを開設しました!!!

…内容はサービス内容、ガス化発電、バイオ油発電、バイオ油製造、バイオ燃料、Q&A,、お問い合わせと分かれていて、下記より直接もリンク可能です。 http://www.biofuels-llc.com/ でも同様です。 http://www.biofuels.co.jp/page1.html (サービス内容) http://www.biofuels.co.jp/page2.html (ガス化、メタン発酵) http://www.biofuels.co.jp/page3.html …

LiPROガス化発電装置のプレゼン資料です!!

今回はLiPROガス化発電装置のプレゼン資料が入手できましたので、添付・紹介をします!! 尚、下記は紹介済のLiPRO-Energy社のガス化発電装置のBlogです。興味が有れば、併せて参照下さい。 https://joeh.hatenablog.com/entry/21260420 https://joeh.hatenablog.com/entry/21343028 https://joeh.hatenablog.com/entry/21386890 下記とほぼ同一最新版資…

植物油(SVO)による中型(2MW)ディーゼル発電もその選択がキーです!!

…大型バイオマス発電(ガス化、ボイラー方式)も、間伐材不足から、この分野に方向転換し、多く人や資金が流れ込んで来ている様です。更には、不動産投資分野からの新規発電ビジネス参入も少なく無い様です。但し、新規参入には、どの様な分野でも進出障壁(考慮すべき多くの課題、ハードル)があります。誰でも100%成功する筈はない!?と思います。 そこで今回は、植(動)物油(パーム油、廃食油等)燃料の直接利用(SVO)による ディーゼル・エンジン発電設備のメーカー、及びその機種(能力)の選択と採…

ジャイアント・ミスカンサス生育状況の継続報告です(3)!!

…2053169 尚、ガス化・ボイラー用等のバイオマス燃料として、そしてエネルギー作物として最有望なジャイアント・ミスカンサスは、日本でも耕作放棄地等に作付けすれば、放棄地対策とともに、CO2削減効果も多いに期待できます。 その他の用途として、家畜の敷藁、エタノール製造用にも使われています。 欧米を中心に、ジャイアント・ミスカンサスは作付面積は増えています。 下記はYouTubeの動画ですが、刈取・収穫だけでなく、繁殖・植栽法、利用法等多方面の記事が沢山あります。 https:…

バイオマス・木質ガス化装置(LiPRO社,50KW)の顧客先での実稼働風景の写真紹介です!!

…的な小型バイオマス・ガス化発電装置(30KW、50KWeネット発電能力)の内、昨年9月より完全自動化システムとして稼働している最新50KW(HKW50)タイプ,及び乾燥機(ドライヤー)を見学しましたので(2017年1月16日~18日)、その紹介写真と簡単な説明です。 尚、今回の訪問時に撮影した動画もあります!! 下記はFacebook上の動画ですが、同じ装置です。 Facebook未登録の人は、『後で/Not Now』 をクリックすれば、邪魔な登録画面が消えて、動画面となりま…

分散型、地域密着型の小型メタン発酵、バイオガス・プラントが,海外では流行っている様です!!!

…模なら、バイオマス・ガス化発電の少なくとも2倍以上する様です。 今後、各乳牛、畜産農家が、各自でメタン発酵槽を所有する時代が来るかもしれません!! 勿論、畜産農家ばかりではありません。中小の食品メーカー、大学、企業の食堂、コンビニ等、凡そ食品廃棄物等が出る施設、場所なら、廃棄物を何の移動もせず、その場でメタン発酵が、そして廃棄物処理が簡単にできます。 以上紹介したものは、攪拌式発酵槽によるメタン発酵法であり、通常、湿式(Wet-Process)と呼ばれている方式です。このタイ…

謹賀新年!!期間、人数限定バイオマス福袋です!!

…ださい。 バイオマスガス化発電、ペレット原料などのエネルギー作物、バイオマス原料として使えます。但し、先着10名、申込は1月13日締切迄でお願いします。 苗(根茎)は3月末頃の送付予定です。次年度、再度根を掘り起こし、再度根茎を分けて植え変えれば、50株程度迄になります。更に,次々年度も繰り返すなら、1250株迄に株数は増えます。 但し,本格的な栽培をご希望の方は、時間も掛かり、この様な繰り返しは無理です。別途、輸入組織培養・無菌の子苗がご提供できます。 下記にメールでお問い…

大型機の最新技術を採用した実用的な本格派の革新的小型バイオマス・ガス化発電装置例です(2)!!!

…社の小型バイオマス・ガス化発電装置の続編です。 本Blogの文字制限から分けてあります。上記を見られてない方は、最初に上記をご覧下さい。 https://joeh.hatenablog.com/entry/21260420 下記テーブルはLiPRO(HKW50)の物質・熱・電力バランスです。 ここで、特に、冷ガス化効率は驚異的高効率の90%となっています。 他社製品で、これ以上の性能の小型(30~150KW程度)ガス化装置製品は存在しないと確信しています。 仮に、存在すれば、…

最新小型ガス化装置LiPRO(55KW)の見学ツアー(ドイツ)計画中です!!

…e/NO-Tar多段ガス化方式のLiPROガス化発電装置の実稼働見学ツアーのご案内(計画中)です。 https://joeh.hatenablog.com/entry/21260420 就いては、期間限定、参加者限定で、下記の条件で参加者を募集します。 予定日時:平成29年1月14日~1月19日(羽田発、着) 費 用 : 17~20万円前後(予定、実費) 参加人数: 2~3名程度 見学場所:LiPROガス化実稼働、乾燥装置メーカー見学、Q&A、他 特に、近々最小50KW~最大…

大規模売電(FIT)ビジネス、バイオ油(SVO)ディーゼル発電が大本命です!!??

…小規模のバイオマス・ガス化(木質チップ)発電ビジネスなら、例えば、下記を参照下さい。 http://www.biofuels-llc.com/page2.html 固定買取制度(FIT:Feed-In Tariff/下記添付図参照)を利用したバイオマス発電ビジネスを実施するなら、やはり本命は何でしょうか?? やはりそれはバイオマス・ボイラー方式でしょう!??! 先ず設備経験豊富だし、国内に素晴らしいボイラー・メーカーも多いし、皆で渡れば怖くないし、リスクゼロです!! 。。。と…

大型機の最新技術を採用した実用的本格派の革新的な小型バイオマス・ガス化発電装置例です(1)!!!

今回紹介する最新ガス化発電装置は、弊社が最近代理店となったドイツLiPRO Energy 社( http://lipro-energy.de/en/ )製のHKW50(50KWe)、或いはHKW30(30KWe)タイプです。 小型機ですが、本格的な大型機の最新技術を採用したバイオマス・ガス化発電機種の紹介です。 尚、能力/価格比、パ―フォマンス、低圧接続(50KW未満)等の諸理由から、今後、主に50KWの販売・導入となりそうです。 革新的なガス化装置(GAME CHANGER…

バイオマス・エネルギー作物の新顔( Giant-King-Grass )等の紹介です!!

…ロです。 バイオマスガス化発電でも、メタン発酵発電でも、例えば、FIT(固定電力買取制度)の下、ビジネスとして採算的に成立することが前提です。採算が取れなければ、当然の結果として意味がありません。 そこで、重要なファクターは、次の2点です。 ①設備投資額と設備(プロセス方式)の効率性 ②原料の確保とその価格 ①については、その設備投資価格です。これは、原価償却費として、採算計算の費用項目の大きな要素を占めてきます。 FIT精度では、その期間(20年間)は、買取価格は予め保証さ…

最新Hybridバイオマス・ガス化装置の独占製作・販売権の締結が完了しました!!!

最新のハイブリッドガス化装置の製作・販売権を得る等、正式に独占契約の締結が完了しました。 いよいよ、飛行準備完了(Ready to Take‐off) です。 今回は、これを中心とした話題の紹介です!! このガス化装置は、イタリアのバイオマス・再生エネルギー関連の技術開発会社であるINSER社が基本特許技術を持つHybrid方式のバイオマス・ガス化装置(Circle-Draft Gasifier)です。 尚、ガスエンジン発電機等の選択は、個々の事情により自由に選択・組み合わせ…

バイオマスガス化発電にORC発電を組み合わせもあります!!

…は、通常のバイオマスガス化発電である合成ガス(SynGas)エンジン発電にORC技術を組み合わせて効率アップが効率的に出きると言う話題です。 ORC発電は、発電所などが使っている蒸気サイクル(ランキンサイクルシステム)の作動媒体を、一般的な水から、より低沸点の作動媒体に交換し、水を沸騰させられないような小さな温度差であっても蒸気を発生させ、それによってタービンを回すシステムです。 従って、理屈は同じ蒸気タービン発電の方式(Rankine Cycle)であり、水をボイラー等で加…