最近輸入した廃油(WVO)固形物除去ステンレス製フィルター製品の紹介です!!

今回は、主に廃食油(WVO、UCO)を回収し、BDFを製造する前に行う固形物除去フィルター前処理目的のステンレス製フィルターの紹介です
 
この製品は、200Lの通常のオープン・ドラム缶用の製品で、比較的安価で、長期に使え、かつ国内製品も見当たらないので最近輸入したものです。
 
下記がその外観と使い方などの説明です。
このステンレス・フィルターは、荒い網目(400、600、800ミクロン)と細かい網目(74、177ミクロン)の網目サイズが販売されています。
 
各荒い網目,或いは細かい網目単体でも、又は、両者の組み合わせでも使えます。
 
今回、購入したのは400、600ミクロン、及び74、177ミクロンの4種類です。
 
下記が航空便で取り寄せたステンレス・フィルター荷物の箱写真です。
 
イメージ 1
 
下記は箱の梱包を開けた写真です。
 
通常は、荒い網目製品と細かい網目製品とを組み合わせた方が効率的に、固形物を除去出来るので、荒い網目製品の方がやや小さい内径サイズに出来ていて、細かい網目製品の内側に入る用になっています。
 
この結果、荷物容積もコンパクトになり、送料も安価になります。
 
下記の写真の様な箱を、今回は2組購入しています。
 
イメージ 2
 
下記の写真は、通常の200Lオープン型ドラム缶に,2種類の網目を装着した写真です。
これに、後は天カス等固形物を含んだ廃食油を注ぐだけです。
 
イメージ 3
 
 
この様に、網目の異なるフィルターを2段重ねにすることにより、大から小の固形物を効率的に除去出来ます。
勿論、1段単体でも、使えます。
 
このステンレス・フイルターの特徴は、
・ドラム缶の着脱が簡単で、固形物の除去・洗浄が簡単にできる。
・繰り返し使用できる。
・素材はステンレス製であり、錆びたり、高温油でも使用できる。
・米国製なので、頑丈にできている。
・価格も安価である。
・購入数、送付方法、為替変動等にもよりますが、
今回は送料・関税を加えても、2段重ね1組当たり2万円程度でした。
。。。
などが特徴です。
イメージ 4
 
 
 
尚、このフィルターの使い方は簡単ですが、ご参考までにYuTubeに動画がりますので、併せてご参照ください。
尚、動画を見れば、米国の廃食油が如何に汚れているか解ると思います。
 
尚、類似製品で、プラスティク製網、枠製品もあります。こちらの方が安価ですが、耐用性は劣ると思いますので、一般的には余りオススメはできません。 
イメージ 5
同じ、ステンレス製でも、200Lドラム缶以外のものもあります。
下記は、20Lペール缶用の小型ステンレスフィルター製品です。
 
イメージ 6
 
他に、下記の様な本格的なBag-Filter製品もあります。
フィルター(袋)とハウジングの他に、別途ポンプも必要ですが、大量に油処理する場合は、こちらがお勧めです。
この製品は、フィルター・網目サイズを変えれば、最終製品フィルター(1~3ミクロン)、中間製品フィルター(10ミクロン)、及び前処理フィルター(100ミクロン)用など多用途で使えます。
 
最近、この製品も某顧客向けに中間、最終製品フィルター用フィルターとして購入しました。
イメージ 7
 
 
米国には、これまでも時々紹介していますが、この様にBDF(バイオディーゼル)関連の製品・器具で、日本で販売されていないもの、或いは販売されていても、遥かに安価な魅力的な製品が多々あります。
 
今回は、日本国内では販売されていない(と思われる)ドラム缶用ステンレス・フィルターの紹介でした
勿論、特注で国内でも製作は可能だと思いますが、この価格では無理です。
 
廃油中の天カスなど固形ゴミの除去に1セットあれば、とても便利な器具だと思います。
是非、ご検討ください。共同購入すれば、数量が増えて、1組当たりの単価送料も安価となります。
 
本製品で何かあれば、お問い合わせください。
 
では、また。。。
Joe.H
 
追伸)
   上記Blog記事は、一般公開情報です。
 何かコメント、ご意見、及び質問等具体的な相談のある方は、
 下記メール・アドレス宛へ直接ご連絡下さい。
 非公開情報など内容によっては、お答えできない場合や条件付となりますが、
 可能な限り対応させて頂きますので。。。。
 以上